苫小牧「街」情報

苫小牧市概要

 

以前、苫小牧川が流れる一帯を、当時の河川名であったマコマイ(アイヌ語で「山奥に入っていく川」)と呼んでいた。
沼のあった旧樽前山神社付近一帯はアイヌ語で沼の意味がある「ト」の字をつけて「ト・マコマイ」と呼ばれるようになり、今日の苫小牧になった。

 

苫小牧市域

 

東西 39.9Km  南北 23.6Km  
面積 561.57平方km
周囲124.5Km  標高(海抜)6.651m

気象(平成25年版統計書より)

最高気温28.5℃(25年月平均は11.7℃)
最低気温-16.3℃(25年月平均は4.2℃)
降水総量 1,590.0mm  降雪量 242cm

 

苫小牧市の木・花・鳥・貝

 

・市の木「ナナカマド」 

・市の草の花「ハナショウブ」

・市の木の花「ハスカップ」 

・市の鳥「ハクチョウ」

・市の貝「ホッキ貝」

姉妹都市・友好都市

 

東京都八王子市(姉妹都市)

 

昭和48年(1973年)8月10日盟約
北辺の警備と開拓のため移住してきた八王子千人同心は、本市開拓の指針を残しました。昭和48年、本市の開基百年を迎えたことを記念に千人同心発祥の地、八王子市と姉妹都市の盟約をしたものです。

 

栃木県日光市(姉妹都市)

 

昭和57年(1982年)4月16日盟約
平成18年(2006年)10月1日再盟約

アイスホッケーを中心として、古くから交流はあったことと、日光市が八王子市と姉妹都市提携をしていたこともあって、昭和57年に盟約を締結。全国でも珍しい3姉妹都市が形成されています。

 

ニュージーランド ネーピア市(姉妹都市)

 

昭和55年(1980年)4月22日盟約

紙の原料であるパルプを輸入するため、ネーピア港と苫小牧港との間には定期船が運航されております。昭和53年に姉妹港の調印を行い交流を続けていましたが、昭和55年に姉妹都市として盟約を締結しました。

 

中国河北省 秦皇島市(友好都市)

 

平成10年9月1日盟約

近郊の油田・炭田から輸送されたエネルギー資源の輸出港として中国最大の港があり、昭和60年に友好港の調印を行い交流を続け、平成10年の本市の市制施行50周年を機に国際友好都市として盟約を締結しました。

位 置

東経141度36分34秒 北緯42度37分53秒